消費者金融の問題点。

消費者金融というシステムについて消費者側にも金融業者側にも問題点があり、これからの消費者金融のあり方はどうあるべきなんでしょう。

消費者金融金利は独自のシステムを構築し業務の拡大に努めてきましたが、過酷なノルマ主義を背景に強引な債権回収や過剰な貸付けなど会社の事情を利用者に押付けるといった行為が日常化し、顧客側からみればメリットと思われるリボルビング方式の返済方法により借入感覚がマヒしてしまい、いつの間にか返済のための借入れをするというような多重債務者となる危険性があり、顧客が安心して利用できる環境ではなく、顧客が安心して利用できるサービスを提供する事が重要となってきています。

消費者金融の利用者の年収は400万円以下が60%弱を占めており、会社のリストラなどの環境の変化で給与所得の減少という影響を受けやすく、ボーナスの支給も期待できない会社も増えているのでボーナスを利用して借入額を返済する事は簡単ではなく、このような客層は対象外とされているので増額なども難しく、上限金利で貸付を受け限度額もいっぱいになり支払いに追われる状況となり、他社からの借入れを繰り返す多重債務者はなかなか減少していきません。

問題点のほんの一例ですが、うまく使えば便利な消費者金融、必要以上の借入れはやめてどうしても必要な分だけ借入をし、そのためには借りる前に納得のいく返済計画をたて計画通り支払を続けていけるのかを検討し、無理なく返済を続けていくことが必要になると思います。

消費者金融の広告には規制がかかっていた?

普段の生活の中で何気なく目にしている事の多い広告。知らず知らずのうちに私たちの頭の中に印象を残しています。

広告と言っても種類はたくさんあります。昔ながらの看板であったり、紙媒体の広告から、テレビやラジオで放送されているコマーシャル、インターネット上に掲載されているものから、最近ではスマートフォンの普及によってアプリ内の広告というものも増えてきています。
これらは、日常の生活の中で当たり前かの様に情報として人々に影響を与えています。

消費者金融の広告やコマーシャルといったものは、最近でこそ当たり前のように目にしていますが、以前は厳しい制限がかかっており、とくにテレビコマーシャルに至っては放送時間に縛りが存在していたのです。
ここ数年では、いわゆるゴールデンタイムであっても消費者金融のコマーシャルは放送されています。ですが、それも以前ではあり得なかった事実なのです。

広告に規制がなくなった事によって消費者金融に対しての認知度は以前にもまして高くなっています。特に大手の消費者金融 口コミの場合であれば、その認知度として90%以上の方が知っているといった結果も出ているほどです。この数字のうち、実際に利用をされる方がどの程度の数値であるのかは正確には掲示しにくいものですが、この認知度の高さは広告効果であるといっても過言でありません。規制がなくなった今現在の消費者金融業界。また、さらには大手の銀行との業務提携などから、これからもっと消費者金融に対してのイメージが改善されていくようになっていく事でしょう。

学生でも即日融資は利用できるの?

即日融資というと、お金に困った人がすぐその日のうちに融資を受けられるサービスですよね。でも学生の場合、ただでさえ収入はアルバイトなどによるものでそうそう多くもないわけですし、もちろん非正規雇用なので正社員のサラリーマンなどと比べると審査に不利な点は多いですし、また借りれる金額だって少ないものです。そんな学生でも、最短融資は利用できるのでしょうか。

普通のカードローン、キャッシング会社では申し込みの際に利用条件というものがありますが、多くのところでは年齢20歳以上65歳以下、などというように20歳以上が条件とされています。学生の場合、大学1年、2年というのは18歳~19歳の人が多いですから、この年齢に達していなければまずそもそも利用することが出来ません。

また、カードローンによっては、『学生不可』としているものもあります。こうしたものでしたらもちろん学生は利用することができません。

しかし一般的には安定した一定の収入があるかたというのが条件である場合が多く、パートやアルバイトなどでも収入が安定していれば利用条件には適いますから申し込みすることは可能です。即日融資だからといって特別審査が厳しいわけではありませんので、条件を満たしていれば学生でも十分利用可能なのです。また、転職を繰り返して勤続年数の短い人よりも、アルバイトでもずっと長く続けている人のほうが審査には有利です。ただ学生の場合、やはり収入が少ないわけですから、もし仮に借りることが出来たとしてもそれをちゃんと返していけるのか、それをしっかりと考えた上でお金を借りましょう。

消費者金融借入を無用に恐れないで

消費者金融借入というと、兎角不安になるでしょう。確かに昔のイメージの多重債務等を考えると、不安になるのもいたしかたない面が有ります。しかし今の消費者金融の実際の内容を確認すると、イメージを覆す面もあります。

先ずは昔と違い、利息制限法で上限金利が格段に下がりました。昔は出資法と利息制限法が混在していて、消費者金融は出資法の上限金利をあてはめてお金を貸し出していました。しかし数年前に、裁判で利息制限法が上限になる事に決まりました。

ゆえに昔のように実質の年率が30%近いという事が無く、上限は20%で実質採用している年率は18%前後で、昔のように金利で生活が苦しむ事もかなり少なくなりました。それに一部の業者は金利のサービスを行っています。

初回利用者に限り、30日間無利息というサービスを行っています。通常時は若干金利が高い消費者金融ですが、今まで一度も利用した事のない方は金利面での大きなサービスも有りますので、上手くサービスを利用すれば、短期間の借り入れで有れば不安になる要素は昔に比べると、格段に少ないです。